海外のヴィーガン(ビーガン)有名人、政治家アル・ゴア

ホワイトハウス 海外セレブ・著名人

アメリカ合衆国の政治家、アル・ゴア氏もヴィーガン(ビーガン)だそうです。

アル・ゴアってどんな人物?

アル・ゴア(アルバート・アーノルド・”アル”・ゴア・ジュニア)氏は、1948年、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に生まれた政治家です。

1993年、ビル・クリントン大統領の時代に第45代目となる副大統領に就任しました。

環境問題に力を入れ、地球温暖化に関するドキュメンタリー映画『不都合な真実』に出演したことで話題となりました。


不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [ アル・ゴア ]

アル・ゴアがヴィーガン(ビーガン)になった理由

アル・ゴア氏がヴィーガン(ビーガン)になった理由ですが、畜産業が環境に与えている悪影響から、自身も肉や卵を断つ決断をしたのではないかと言われています。

また、心臓の手術後に肉食を辞めた元上司のビル・クリントン元大統領の影響もあるのでは、とも
言われています。

卵を使わないマヨネーズの開発を行っている企業に投資している、なんて話もありますね。

まとめ

アル・ゴア氏のような権威のある方がヴィーガン(ビーガン)を推奨していることからもわかるように、このまま人口が増加していく中で、人類が肉食を続けるというのは、環境問題、そして食糧危機の観点からすると、限界が来ているのは明らかですね。

参考 Al Gore goes vegan, with little fanfare – The Washington Post

コメント