ヴィーガン(ビーガン)はミドリムシ(ユーグレナ)を摂ってもいいの?

ミドリムシ(ユーグレナ) 食品

皆さんミドリムシってご存知ですか?

最近はサプリメントの種類も増え、テレビや雑誌などのメディアでも取り上げられているので、知っている方も多いのではないでしょうか。

ここで疑問に思うのが、ミドリムシって動物なの?植物なの?ということです。

“ムシ”(虫?)というワードが含まれているので、動物なのかな?と思ってしまうのですが、そうなるとヴィーガンとしては食べてはいけない食品になってしまいます。

ヴィーガン(ビーガン)はミドリムシを摂っても大丈夫なのでしょうか。

ミドリムシとは?

そもそもミドリムシとはどんな生物なのでしょう。

Wikipediaで調べてみると…

ミドリムシ(緑虫)は、ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 Euglena の総称。(引用:ミドリムシ – Wikipedia

う~ん、この説明ではよくわかりませんね。

ミドリムシ(緑色)は学名がユーグレナで、一般的には藻の一種とされています。

鞭毛を使って泳ぐ鞭毛運動をする動物的な一面と、葉緑体を持ち光合成を行う植物的な一面の両方の性質を持っていて、いまだに動物か植物かの決着がついていないのが現状です。

厳格なヴィーガン(ビーガン)の方であれば避けるべきものなのかもしれませんが、そうでもない方はあまり気にしなくてもいいのではないか、というのが私の意見です。

市販のミドリムシサプリメントでも藻の一種として説明されているものが多いです。

ミドリムシ(ユーグレナ)の魅力

なぜそこまでミドリムシに注目するのかといいますと、ミドリムシに含まれる豊富な栄養素が魅力的だからです。

特に日本では、ヴィーガン(ビーガン)になると食べるものに困ることが多いです。

毎日自分で料理をしたり、ヴィーガンレストラン・カフェに行く余裕がある方なら別ですが、コンビニや普通のレストランに行っても、ヴィーガン対応の食品、食事はなかなか手に入りません。

そうなると、どうしても偏った食生活になることも。。

そんな悩みを解決してくれるのがミドリムシなんですね。

ミドリムシには肉や魚、野菜から摂れる60種類近くの栄養素が含まれています。

9種類全ての必須アミノ酸をはじめとする14種類のアミノ酸、14種類のビタミン、9種類のミネラル、EPA・DHAなどの不飽和脂肪酸、その他GABAなどの特殊成分、これら全てが含まれているんです。

特筆すべきは、動物性食品からしか摂れないため、ヴィーガンが不足しがちなビタミンB12も多く
含まれている、ということです。

ヴィーガンの栄養不足対策にはもってこいの食品なんですね。

まとめ

日本では、海外に比べるとヴィーガン(ビーガン)への理解、そしてヴィーガンとして生きやすい環境がまだまだ整ってはいません。

個人的には、日本に住むヴィーガンが、ミドリムシ(ユーグレナ)のような栄養豊富な食品を上手く生活に取り入れるのはいいことだと思います。

ただ、市販のミドリムシ(ユーグレナ)サプリメントには動物由来のゼラチンを使用しているものも多いので、ミドリムシ(ユーグレナ)を試してみたい方は、こちらの株式会社エポラさんの『ミドリムシナチュラルリッチ』のような、余計なものが入っていない商品を選ぶようにしてください。

⇒ ミドリムシナチュラルリッチ

コメント