ヴィーガン(ビーガン)と肉食、テストステロン値が高いのはどっち?

テストステロン 健康

テストステロンは、男性が男性らしく生きるために必要不可欠なホルモンです。

どちらかと言うと、ヴィーガン(ビーガン)より肉食の方がテストステロンの値が高くなるような“イメージ”はありますが、実際はどうなんでしょうか。

ヴィーガン(ビーガン)と肉食ではどちらがテストステロン値が高いのか

肉類、魚介類、乳製品など動物性食品を一切摂らない完全菜食主義のヴィーガン(ビーガン)になると、テストステロン値が低くなり、筋肉がつきにくくなって、ガリガリに痩せ細ってしまう、もしくは肥満体質になってしまう、といった心配をされる方も少なくないと思います。

ですが、そんな方に朗報です。

ヴィーガン(ビーガン)の方が、肉食の人よりテストステロン値が高い、という研究結果があります。

参考 Hormones and diet: low insulin-like growth factor-I but normal bioavailable androgens in vegan men

肉を食べないと男性ホルモンが減少する、といった心配はないようです。

ヴィーガン(ビーガン)がテストステロン値を高める方法

菜食主義者でも男らしく生きることは十分可能です。

ここからは、ヴィーガン(ビーガン)がよりテストステロン値を高めるための具体的な方法をご紹介します。

食事

テストステロン値を高めるのに必要なのはたんぱく質、そして亜鉛

植物性のものであれば、大豆やナッツ類などに多く含まれます。

ただし、注意しなければならないのは、植物も草食動物から身を守るためにアンチニュートリエント(反栄養素)と呼ばれる毒素を含んでいるという点です。

野菜を茹でると出てくる灰汁(あく)が正にそれです。

例えば、フィチン酸などは聞いたことがあるかもしれませんが、亜鉛やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルの吸収を阻害してしまう恐れがあります。

せっかくテストステロンの分泌量を増やす食べ物を食べていても、栄養が吸収されていなかったら意味がありません。

灰汁は水に晒すと出てくるので、野菜を調理する場合はしっかりと灰汁抜きをする、玄米であれば、水につけて発芽させてから炊くなど工夫が必要です。

大豆に関して言うと、発酵させると毒素を取り除くことができるので、お味噌や納豆を積極的に食べるといいですね。

豆乳は灰汁がそのまま含まれているので避けた方が良いかと思われます。(海外でソイフリー食品が流行っているのもこれが理由です。)

筋トレ

短時間で激しい運動をするとテストステロン値が上がることが分かっています。

テストステロンの分泌量を増やしたければ、ウエイトトレーニングといった筋トレがおすすめです。

睡眠

夜22時から2時の間が、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれているのは皆さんご存知の通り。

テストステロンをはじめとするホルモンがたくさん分泌される時間帯です。

この時間帯に十分な睡眠をとることが重要になってきます。

日光を浴びる

ビタミンDもテストステロン値を高めるのに必要な栄養素です。

ビタミンDは日光を浴びることで生成されます。

ヴィーガン(ビーガン)でも男らしくなれる

余談ですが、ヴィーガンでも男らしい強靭な肉体を持つ人はたくさんいます。

【肉を食べたことがないボディビルダーに全世界が驚愕】

【肉を食べないアスリートは最近増えている。その理由は?】

テストステロン値が低いとは到底思えないですよね笑。

動画をアップしてくれているのは人気ユーチューバー、ヴィーガン男子・ダンテさんです。

ダンテさんについてはこちらの記事で紹介しています。

ヴィーガン男子・ダンテとはどんな人物?人気ヴィーガン(ビーガン)Youtuberの秘密に迫る
人気ヴィーガン(ビーガン)Youtuber、ヴィーガン男子・ダンテさんをご存知ですか?YouTubeの急上昇クリエイターに選ばれるなど、ユーチューバーとしても注目を集めているダンテさん。一体どんな人物なのでしょうか。

まとめ

菜食主義者というと、世間では弱々しいというイメージが根強いですが、私はそんなことは決してないと思います。

肉を食べないヴィーガン(ビーガン)でも、男らしく生きることはできます。

それでも心配な方は、サプリメントなどに頼るのも悪くはないとは思いますが、そのサプリメントがヴィーガン仕様のものかきちんと調べてから飲んでください。


テストジャック300 エクストラ ストレングス(テストステロン ブースター) 60粒[サプリメント/栄養補助食品/ベジタリアンカプセル/サプリンクス]

コメント