ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)がヴィーガン(ビーガン)フレンドリーなスニーカーを発売

ファッション

ドイツの高級ファッションブランド、「ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)」が、パイナップル由来の人工レザーを使用したヴィーガン(ビーガン)フレンドリーなスニーカーを発売するとの発表がありました。

動物の犠牲もなく、環境にも優しいサステイナブルなスニーカーの発売ということで、ヴィーガン界からは歓喜と称賛の声が上がっています。

トップ画像はイメージです。

パイナップルの葉から作られた「ピニャテックス」を使用

今回発売が決定した「ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)」のスニーカーには、通常のレザーではなく、パイナップルの葉の繊維から生成されるヴィーガンレザーPiñatex(ピニャテックス)が使用されています。

このパイナップルレザー、「Piñatex(ピニャテックス)」は、通気性があり、丈夫なうえに柔軟な素材です。

今回のヴィーガンスニーカーでは、アッパーにピニャテックスを採用し、ソールにはリサイクルTPU、シューレース(靴紐)には100%オーガニックコットンを使用しています。

カラーはブルー、イエロー、ブラウン、ブラックの4色。

色も天然の植物で染めているそうです。

ヴィーガン(ビーガン)レザーとは?
「ヴィーガン(ビーガン)レザー」という言葉をご存知ですか?この記事では、ヴィーガンレザーとは何なのか、わかりやすく解説しています。

ファーフリー宣言をしたヒューゴ ボス(HUGO BOSS)

「ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)」は2016年秋冬コレクションからラクーンドッグ(タヌキ)や
レックスラビット(ラビット)を含む全ての毛皮商品を撤廃すると宣言し、ファーフリーアライアンスに加盟しているブランドです。

ファーフリーアライアンスに加盟しているその他有名ブランドは、「グッチ(Gucci)」や「アルマーニ(Armani)」、「ヴェルサーチ(Versace)」、「H&M」、「ZARA」、「ザ・ノース・フェイス(The North Face)」、「ティンバーランド(Timberland)」など多数あります。

まとめ

皮革製品のために殺される動物の数は計り知れません。

その犠牲を食い止めることのできる素材「Piñatex(ピニャテックス)」。

そして有名ブランドがそれを採用したということは、大きなニュースだと感じました。

ヴィーガンでも、ファッションが楽しめる時代がやってきましたね。

ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)のヴィーガンフレンドリースニーカー。

発売が楽しみです。

ヴィーガン(ビーガン)レザーを使用した靴を販売しているブランドまとめ
ヴィーガン(ビーガン)であれば、動物性の皮革を使った製品は避けたいものです。この記事では、ヴィーガン(ビーガン)レザーを使用した靴を販売しているブランド、メーカーをまとめました。ヴィーガンフレンドリーな靴をお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。
BOSS - Limited-edition 100% vegan trainers in Piñatex®
Limited-edition 100% vegan trainers in Piñatex® - Blue Trainers from BOSS for Men in the official HUGO BOSS Online Store free shipping

コメント

タイトルとURLをコピーしました